AUTUMN WINTER ◆SHOP&ITEM

洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!

2020年9月12日

こんにちは、洋裁本レビューブログ・Dressmaking Daysのさいかわようこです!

「洋裁用の生地が買いたいけど、近所の手芸屋さんには欲しい生地が売ってない…」、「洋裁はどこで手に入るかわからない」というそこのあなた!

この機会に、ぜひ日暮里繊維街に行ってみてはいかがでしょうか?!

日暮里繊維街は、日暮里中央通りを中心に90軒以上の店舗が軒を並べ、布地やレザー、装飾小物、ハンドメイド資材などが豊富に手に入る日本最大級の繊維街です!

今回、日暮里繊維街初めての洋裁初心者さんに、綿や麻などの扱いやすい生地を求めの方におすすめするなら、という観点でおすすめの生地屋さんを6店選びました。

題して、「洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!」です。

私、さいかわようこ自身が実際に購入した秋冬用の生地と合わせて、お店ごとの特徴をご紹介していきます♪

オススメはこの6店舗

①パキラ

https://www.nippori-senigai.com/shopno/pakira/

店舗情報

所在地:東京都荒川区東日暮里6-58-5
電話番号:03-3891-8990
営業時間:10:00~18:00
定休日:年末年始

最初に紹介する洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!は、「パキラ」です。

パキラは、日暮里駅から繊維街に向かう途中の大きな道路(尾久橋通り)を渡ってすぐの場所にあります。

日暮里繊維街のなかで唯一リバティを扱う正規販売店です。

シャツやワンピース、スカート、小物にも縫いやすいリバティを求めるお客さんで店内はいつも賑わっています。

リバティ以外でも、高品質なウール、ツイードなども季節に合わせて品揃えています。

パキラで購入した生地はこちら。

パキラといえばリバティ。

「リバティ」といえば小花柄をイメージする方が多いかもしれませんが、英国発祥のリバティ社の生地のことを「リバティ」といいます。

タナローンと呼ばれる、軽く薄いシルクのような綿生地に様々なモチーフがプリントされているものが最もポピュラー。

タナローンは、柄が華やかなだけでなく、縫いやすく、自宅で洗濯してもシワが寄りにくいので、初心者さんにもオススメです。

パキラは、日暮里繊維街唯一の正規販売店なので、店中にずらりとリバティの生地たちが並んでいます。

https://www.nippori-senigai.com/shopno/pakira/

パキラで購入したリバティは、2018AWのレディペネロペです。

リバティらしくない個性的な柄のこちら、すでにブルー系を持って行って、他の色がないかいろんなお店でず〜〜っと探していたんですが、なんとパキラさんで発見!

こちらのレディ・ペネロペを使って、派手派手なサマードレスが完成しました。

▷『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』よりレディペネロペのドレス【作りました】

パキラさんは、リバティ以外も、上質な生地が多い印象です。

購入品2つ目は、店外ワゴンに入っていたギンガムチェック×花柄のインテリアファブリック(2.1Mで1500円)。

厚みのある布帛なので、クッションカバーにしようかなと思っていましたが、春用のトッパーコートやジャケットにも良さそう。


②要藤商店(1F)

https://www.nippori-senigai.com/shopno/youtou/

店舗情報

所在地:東京都荒川区東日暮里5-45-1
電話番号:03-3891-4486
営業時間:平日10:00~18:30 日曜11:00~17:00 祝日10:00~17:00
定休日:無休

次にご紹介する洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!は、「要藤商店」です。

要藤商店は、とにかく綿(コットン)の種類が豊富!

1階はコットンがメインで、チェック・花柄・無地・ストレッチなど柄や種類に応じてディスプレイされている場所がだいたい決まっているので、お買い物しやすいです。

お値段も比較的リーズナブルなので、服飾学校の学生さんなのかな?という佇まいの子達をよく見かけます。

2Fはポリエステルや裏地・接着芯がメインになっています。

裏地や接着芯は、店外ワゴンに出ているのの方がお買い得なので、わたしは1階と店外メインで回ります。

要藤商店で購入した生地はこちら。

右の4点が店外ワゴンから購入した裏地で、1Mあたり110円。

Dressmaking Daysでもたびたび紹介している、クールビズライニングに手触りそっくりな裏地を発見!

こんなおしゃれな冬用のコートの裏地もこちらで購入。

適度に貼りがあるので縫いやすそうだし、コートからちらりと見えたらテンションあがりますよね。


③長戸商店NAGATO(本館)

https://www.nippori-senigai.com/shopno/nagato-main/

店舗情報

所在地:東京都荒川区東日暮里5-32-9
電話番号:03-3806-3637
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜

次にご紹介する洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!は、「長戸商店」です。

長戸商店には、本館、ウール館、ニット館ありますが、初心者さんにおすすめしたいのは、綿、麻、ウール、絹、ポリ系など服地全般を網羅した本館です。

全体的に豊富にあるんだけど、注目したいのは、リネンの種類が豊富!

コットンは柄物はあまり見つけられないのだけど、無地の種類が特に豊富。

上質でいろんな種類・色のウールが揃っていて、見ていて幸せな気持ちになるので、ウール館も必ず訪問します。

長戸商店NAGATOで購入した生地はこちら

長戸商店(本館)で購入したのは、厚みのある黒いリネン2種類。

どちらも1Mあたり1300円で、3.5ずつ。

タグにはどちらも「黒」と記載がありましたが、一口に黒といっても、右は濃紺に近く、しっとり濡れたようなツヤ感を感じます。

左側はツヤ感は抑えめですがどちらかというとハリ感が強いです。

微妙な違いですが、お洋服に仕立てたときには雰囲気が大きくかわりますよね。

お値段もリネンにしては比較的お買い得なので、長戸商店本館は特にリネンを探しに行く時にぴったりです。

本館から歩いて1分以内に到着する長戸商店のウール館。

コートはまだ縫えないというビギナーさんでも要チェックです。

2019年セールの際に、イタリーのツイードを20%OFFでゲット。

もっと腕が上がってから挑戦しようと思って、大切にしまっている秘蔵っ子。

高価な生地は、セールの時に購入するのがおすすめです。

ちなみに、セール情報は日暮里繊維街のウェブサイトでチェックできますよ!


④服地のアライ

店舗情報

所在地:東京都 荒川区東日暮里6丁目45-5
電話番号:03-3891-8366
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝日

次にご紹介する洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!は、「服地のアライ」です。

服地のアライは、日暮里繊維街の中では、比較的こじんまりとしたお店ですが、ウールやリネンを中心に、上質生地の宝庫!

私が行った時は、インポートもののリネンやウール、シルクなどの品揃えがありました。

店主さんが人懐っこくて、新入荷やおすすめの生地をあれこれ教えてくれます。

店外のお買い得品のワゴンもおしゃれな生地がたくさん!

いつも店外ワゴンからおびき寄せられて、入店してしまいます。笑

また、この6店の中では唯一、Paypayも導入されていました。(2020年9月時点)

服地のアライで購入した生地はこちら!

服地のアライさんでは、ストライプのフレンチリネン(麻100%)。

こちらのリネン、お店のInstagramで見かけて知っていましたが、実物はもっと素敵!

1mあたり1600円で、3m購入しました。

親切にも生地の表に「表」ダグを貼っていただきました。

こちらのリネンでは、パネル切り替えのシャツワンピースを作りました。

▷フリルがポイント★パネル切り替えのシャツワンピースを作りました。【ミセスのスタイルブック2021年盛夏号】


⑤日暮里トマト(本館1Fとセレクト館)

https://www.nippori-senigai.com/shopno/tomato/

店舗情報

所在地:東京都荒川区東日暮里6-44-6
電話番号:03-3805-2366
営業時間:11:00〜17:30
定休日:日曜・祝日

次にご紹介する洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!は、「トマト本館」です。

トマト本館は、日暮里繊維街のメインスポットでもあり、メディアなどでもたびたび登場しますよね。

オススメするのが、トマト本館1階にある1m100円の激安生地ゾーン。

個人的に、安い生地って縫っててテンション上がらないんですよね。

でも、1m100円って、、4m買っても税込440円じゃん!!

と、逆にテンションが上がってしまい、人だかりに混ざって生地を物色、ポリエステル系の生地の練習のために購入しました。

上の階もありますが、人だかりが苦手なので、激安生地コーナーを物色したらそそくさと退散しています。

セレクト館は、本館1階のに比べるとそれなりの値段ですが、クオリティの高いコットンやリネンに出会えますよ。

トマトで購入した生地はこちら

トマトの1Mあたり100円の激安コーナーから発掘した生地は、こちらの2点。

秋にぴったりなチョコレートブラウン×ブルーのマドラスチェック。

1mあたり150円コーナーで、4m購入しました。

厚さはあって、手触りはコットンぽいですが、光に当たるとチラチラ光るので、合繊ぽいです。

ちなみに、こちらの生地では、鈴木圭さんのパターンで、秋ドレスを作りました。

▷日暮里トマトの激安生地で、ノーブルな秋ドレスが完成しました。

1mあたり100円で4m購入しました。

耳に小紋工房と記載がありました。難ありのためこのお値段だそうですが、どこにも難がない…。

ドレープがきれいな秋のロングワンピースが作れそうです。


⑥ITOファッションサービスアウトレット館

https://www.nippori-senigai.com/shopno/ito-fashionservice-outlet/

店舗情報

所在地:東京都荒川区東日暮里6丁目58-2
電話番号:03-5810-5601
定休日:不定休

次にご紹介する洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!は、「伊藤ファッションサービス」です。

伊藤ファッションサービスには、本館とアウトレット館があります。

伊藤ファッションサービス・本館の方は、インポートで高価な生地をばかりの品揃えですが、アウトレット館はリーズナブルなお値段なのに、クオリティの高い生地が手に入るので初心者さんには特におすすめです。

セール情報は、DMかInstagramで告知されているようなので、要チェックです。

ITOファッションサービスアウトレット館で購入した生地はこちら

伊藤ファッションサービスのアウトレット館で購入した生地はこちらの2点。

まずは、ウールシャギーのような起毛のある、綿100%の生地。

2019年冬のセールで、1Mあたり500円で3.5M購入しました。

ブランケットやガウン、冬用のルームウェアなどいかがでしょうか。

次は、綿100%の中厚地のチェック柄。

素人がみても質がいいことがわかるこちらの生地、お店のInstagramでもともとは本館に出されていた生地だったことがわかりました。

こちらも、2019年冬のセールで、1Mあたり500円で3.5M購入しました。


初心者向けの日暮里繊維街の生地屋さん6選のまとめ

いかがでしたか?

洋裁初心者でも失敗しない!日暮里繊維街おすすめの生地屋6選!でした。

初心者の方にオススメしたい、綿や麻などの扱いやすい生地が購入できるお店を中心にご紹介しました。

今回は、繊維街のメインストリート「日暮里中央通り」からセレクトしました。

この6店以外にもオススメしたいお店がたくさんありますので、今後ご紹介していきますね♪

ご参考

店舗情報は日暮里繊維街(東京日暮里繊維卸協同組合)のHPを参照しました。
2020年9月9日に訪問したところ、コロナ禍で営業時間が30分ほど短縮している店舗もありました。気になる方は、店舗
にお問い合わせいただくか、現地にてご確認ください。

Instagram & Pinterest (はじめました)

-AUTUMN, WINTER, ◆SHOP&ITEM
-,

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5