鈴木圭さん 鈴木圭の考えるドレスアップドレス ワンピース AUTUMN

『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』より、ノーブルな秋ドレス、完成しました【作りました】

2020年10月12日

2020年9月に発売された、鈴木圭さんの新刊『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』はもうチェックされましたか?

上品&きれいめシルエットが評判の鈴木圭さんの洋裁本。

11番の「クールネックスタンドカラー 7分タイトスリーブ ギャザースカート」を作りました。

初心者には難しかった?着心地はどう?など、早速レビューしていきますね。

製作レビュー

使用した型紙は、『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』より11番のドレス

鈴木圭さんの新刊『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』より、11番の「クールネックスタンドカラー 7分タイトスリーブ ギャザースカート」の型紙を使いました。

百貨店のアパレルさんだと10万いお値段がしそうな、きれいなシルエットのワンピースです。

ウエストヨークのお洋服、型紙探していたんですがなかなかなくて、ずっと作ってみたかったんです。

後ろは、Vの形で空いているんですが、開きをなくしてつくると本当にフォーマルでも使えそう。

そうそう、文章を書いていて気づいたのですが…、「タックスカート」の間違いじゃないのかな?

鈴木圭さんのお本で作るのは初めてなので、良かった点をいくつか。

こちらのお本、表地だけじゃなく、身頃やスカート部分の裏地のパターンも付いています。

身頃まで裏地の型紙から付け方まで乗せてくれているソーイングブックは少ないので、フォーマルウェアを作るのに役立ちそうです。

また、コンシールファスナーの付け方とか、裏地のきせのかけ方とか、テクニックガイドも写真付きで充実しています。

上品なお洋服が多いので、一見、難易度高そう…難しそう…と思われそうですが、ガイド通りに作れば、ビギナーさんにでも挑戦できそうだなぁと思いました。

これまでの本では、型紙の線がたくさん重なりすぎて写しずらかった!!というような声をみかけたんですが、このお本では改善されたのかそういう点は気になりませんでした。

ただ、1着のお洋服でも、A面から前身頃と後ろ、B面からスカートと袖、C面から裏前身頃、みたいに複数の型紙から写す必要があるので、そこが面倒だなと感じる人はいそうです。

使用した生地は、日暮里のトマトの1Mあたり、150円の激安生地!

日暮里トマトさんの激安コーナーにて発掘したこちらの生地。

なんと、1mあたり150円で×4mで購入しました。

秋らしいチョコレートブラウン×ブルーのチェックにテンションが上がります♪

コットンだとよかったんだけどなぁ…日に当たると化学繊維っぽさがでますね。

生地はしっかりしているけど、ハリはなくててろてろした感じです。

用尺は、本では140cm幅で3mでしたが、こちらの生地は幅が110くらいだったのか4mぴったり使い切りました。

今回は練習ということで、こちらの激安生地で挑戦したいと思います!

着画・感想はこちら!

さて、完成したドレスはこちら!

まずは、トルソーVer.をご覧ください。

おおおおお!

一見するとノーブルな雰囲気で、いい感じ!

柄合わせをきれいにしたかったので、衿と前ウエストヨークをバイアスにしてみました。

右側のタックがよれてますね。

左脇側のタックがちゃんとなってないのか、生地がテロテロしてたからか、ボディからぷかっと浮いてしまっています。

11番のドレスは、中肉で柔らかい布があっているそうなので、次回はもう少し厚みがある生地で作ろうと思います。

後ろはこの通り。

スタンドカラーは、後ろのスプリングホックでつけます。

が、家にちょうどいいサイズのホックがなかったので、週末ユザワヤに行くとして、このままで失礼しますね。

後ろはミスがひどくて、ファスナーのところが、よれよれになってしまってるし、チェックもなんだかずれているし…

実物は、写真以上にアラが目立ちます。

続いて、着画Ver.をご覧ください。

チーズアーモンドのおかきにはまってしまい、毎日一人で1袋ぼりぼり食べていたこともあり、上半身がかなりピッチピチ。笑

しかも肩幅が普通の人より広いの忘れた…

逆に、お腹の締め付けはまったくないです。

お呼ばれやディナーでたくさん美味しいものを食べてしまっても、ウエストを気にしなくて良さそうです。

(まさか、鈴木圭さん、その点も計算の上ですか?!)

ウエストヨークがスタイルよくみせてくれて、とってもいい仕事をしています。

横からのショット。

練習用なので、こんな感じかなぁ。

後ろもタックもあまり綺麗にできなかったので、フォーマルとしては絶対来ませんが、カーディガンをはおって、

こんな、ゆるっとしたかんじならちょっとした外出になら着ても許されそうです。

後ろもタックも隠れますしね。笑

まとめ

ということで、『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』の11番の製作レビューでした!

作り手のレベルが低いのでこの程度の仕上がりですが、とーっても素敵なパターンだらけなので、みなさんもお呼ばれ服を1着仕立てて見てはいかがでしょうか?

こちらのパターン、とても気に入ったし、激安生地で作って終わってしまっては鈴木圭さんに申し訳ないので、次回は上質な生地で作ろうと思いました。

以上、みなさまの参考になれば幸いです!

さいかわようこ
製作中の感想などは、こちらをご覧くださいね!

【雑記】鈴木圭の考えるドレスアップドレス」の進捗報告その1

続きを見る


【雑記】鈴木圭の考えるドレスアップドレス」の進捗報告その2

続きを見る

Instagram & Pinterest (はじめました)

-鈴木圭さん, 鈴木圭の考えるドレスアップドレス, ワンピース, AUTUMN
-,

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5