雑記

2020年最も読まれた記事は?年間ランキングトップ5を発表します!

2020年12月30日

コロナウィルスやオリンピックの延期など、怒涛の2020年でした。

ソーイング界隈も、感染防止のマスク作りや巣篭もりによる手芸需要の増加など、話題が尽きない1年でしたね。

洋裁本レビューブログ・Dressmaking Daysも開始から4ヶ月が経過し、2020年は46記事を公開しました!

当ブログで2020年に最も読まれた記事は?

みなさんに注目頂いた記事TOP5をランキング形式でお伝えします!

まずは、5位〜3位の発表です!

5位 笹原のりこさん『コートの本』感想レビュー&製作経過報告その①

笹原のりこさん『コートの本』感想レビュー&製作経過報告その①

続きを見る

5位は、笹原のりこさんの『コートの本』の感想レビューがランクインしました。

感想と ちょっとだけ作ってます の経過報告の記事だったんですが、出版したばかりだったのでみなさん気になったのかな?

ランクインはしませんでしたが、こちらの『コートの本』よりダブルのボックスコートが完成しましたので、こちらの記事も読んでみてくださいね。

【関連記事】笹原のりこさん『コートの本』よりダブルのボックスコート【作りました】

4位 『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』より、ノーブルな秋ドレス、完成しました【作りました】

『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』より、ノーブルな秋ドレス、完成しました【作りました】

続きを見る

4位は、『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』から、秋ドレスを作った記事がランクインしました。

鈴木圭さんのこのドレスのパターン、トルソー映えするし、美しすぎです。

ウエストヨークが胸のちょっと下にあるので締め付けが少なく、下っ腹がちょっとぽこっとし始めた淑女の皆さんにこそ、作って着てほしいなぁと思います。

余談ですが、このチェックの生地1m150円の超激安を購入したんですが、某フリマサイトで個人の方が800円/mで販売されていて闇を感じました…。

3位 笹原のりこさん『コートの本』発売日は2020年11月28日!【新刊】

笹原のりこさん『コートの本』発売日は2020年11月28日!【新刊】

続きを見る

3位は、笹原のりこさんの新刊『コートの本』発売前に情報をまとめたこちらの記事でした。

2020年は、笹原のりこさんの本から、ワンピース3着、フーディーコート1着、ウールのコート1着、合計5着も作りました。

中でもペールカラーのボンディングで作ったフーディーコートが特にお気に入りなので、こちらの記事も読んでみてくださいね。

【関連記事】笹原のりこさん『私が作る旅のワードローブ』より、「フーディコート」【作りました】

2位はやっぱりあの方…!

2位 鈴木圭さんの新刊『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』が気になる!

鈴木圭さんの新刊『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』は2020年9月18日発売!

続きを見る

2位は、鈴木圭さんの新刊『鈴木圭の考えるドレスアップドレス』発売前に情報をまとめたこちらの記事でした。

ブログを始めたばかりで、今見ると恥ずかしいくらい拙い記事ですが、たくさんの方に読んでいただいて感謝しています!

来年は何度かフォーマルウェアを着るイベントがあるので、もう一度鈴木圭さんの本から挑戦しようと思っています。

映えある第1位は…!

1位 moiponさん『Joy of Sewing さあ、縫おう』より「赤い水玉模様のロングドレス」【作りました】

moiponさん『 Joy of Sewing さあ、縫おう』より「赤い水玉模様のロングドレス」【作りました】

続きを見る

1位は予想通り、moiponさん関連で、2020年5月に発売された『Joy of Sewing さあ、縫おう』よりロングドレスを作った記事でした。

search consoleを見ても、「moipon 作りました」や「さあ縫おう 作りました」などを検索して、当ブログに流入してくださる方が非常に多かったです。

『Joy of Sewing さあ、縫おう』は、moiponさんにとって初出版の洋裁本でしたが、ここまで話題になるなんて改めてすごいなぁ。

洋裁のテクニックはもちろん、ボタン合わせとか生地のセレクトとか、想像の斜め上を行く可愛さで、いつもハッとさせられます。

個人的な要望ですが、『Joy of Sewing さあ、縫おう』は、春夏秋向けの薄手のお洋服が多かったので、今度出版されるならがっつり秋冬のコートやワンピースのソーイングブックを出版してほしいなぁ。

【関連記事】moiponさん『 Joy of Sewing さあ、縫おう』より「赤い水玉模様のロングドレス」②【作りました】


まとめ

2020年洋裁本レビューブログ・Dressmaking Daysで最も読まれた記事TOP5でした。

moiponさん、笹原のりこさん、鈴木圭さんなど、今年新刊を出版された方関連の記事に注目が集まるという結果になりました。

特にmoiponさんは、初めてのソーイングブックということもあり、ファンの方々の期待も高かったのか、当ブログまでキーワード検索で読みに着てくださる方が多かったです。

体にフィットするパターンが多かったので、実際に着用するとどうなるのか気になった方が多かったのかなと思いました。

2020年は20冊近い洋裁本が出版されましたが、来年もどんな本が出版されるか非常に楽しみですね。

最後にご挨拶

2020年、洋裁本レビューブログ・Dressmaking Daysをご覧いただきありがとうございました。

インスタのコメント欄で、ブログ読みました!参考になりました!などの暖かいコメントをいただき、お優しい方ばかりみてくださってるんだなぁと嬉しく思っています。

来年も「初心者目線で、明確に、洋裁を身近に」をモットーに、私の洋裁活動を記事にしていたいと思います。

また、2021年は自分への試練の意味も込めて、新しい試みも取り入れようと画策していますので、お楽しみに。

来年もDressmaking Daysをよろしくお願いいたします。

それではみなさん、良いお年を!

Instagram & Pinterest (はじめました)

-雑記
-

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5