AUTUMN WINTER ◆SHOP&ITEM

【購入生地紹介】リバティ2020AWシーズン柄コレクション、爆買いしました。

2020年6月28日

2020年7月1日に販売が開始されたばかりのリバティの2020秋冬柄を爆買い…してしまいましたので、購入品レビューしていきます。

2020年秋冬柄のテーマは、「PRIVATE VIEW(プライベート・ビュー)」

4つのギャラリーからなる、芸術的なコレクションです。

1つ目は、「Permanent Collection(パーマネント・コレクション)」

水彩絵の具とペンシルで、トロピカルな鳥や果実を描いた「禁断の果実」は、「いちご泥棒」に強くインスパイアを受けているそう。

ちなみに、「禁断の果実」はこちら。


handcruft merciさんで購入するとこちらのポストカードがおまけでついてきました。

2つ目は、「Botanical Gallery(ボタニカル・ギャラリー)」

Botanical(自然)にフォーカスしたコレクションです。

植物学者や園芸家の目を通じて標本として植物を探索し、柄にしたそう。

ちなみに今回は、この「Botanical Gallery(ボタニカル・ギャラリー)」の中から、3柄購入したので、後ほどご紹介しますね。

3つ目「Curated Curiosities(キュレーッド・キュリオシティーズ)」

中でも、<Neon Pop>(ネオンポップ)、可愛い…。

ロケット、恐竜、アイスクリーム、パームツリー、スカルなどなど子供が好きなものたちがネオンに輝いています。

今回は購入しませんでしたが、カラーバリエーションもレッド・ブルー・ブラックなど豊富だし、兄弟姉妹で色違いで着せてもかわいい。

4つ目「(イースタン・トレジャー)」。

旅からインスピレーションを受けた作品が並びます。

2020春夏追加柄でもトラベル系がありましたけど、今回は、Asian系中心とのことです。

リバティ2020AWシーズン柄から爆買いした生地はこちら!

<Gizmo>(ギズモ)

1つ目、夫のメンズシャツ用に買ったのは、<Gizmo>(ギズモ)。

無難なネイビー系が好きで、あんまり花っぽいのは着たくないと言っている夫。

冬にネイビーのニットの下に着る、襟つきシャツが欲しいとのことでこちらをチョイスしました。

Peppersみたいな小さな小花柄な感じを希望していたのだけど、意外とつよい「リバティ感」…。

大人女子でも着れる小花柄で甘くなりすぎない感じ。

スクエアネックのフィットアンドフレアのギャザーワンピースにしても可愛い。ダークカラーなのに可愛い。

もしかしたら夫シャツになる前に、我慢しきれず自分服になっているかもしれません。笑

花柄、と思ってましたが、商品説明をよく読むと、「爬虫類の皮の模様」と「花の草原」からインスパイアされてるとのこと。

よく見ると、黒色のパターンが、蛇っぽいですね。

「小花柄なのに甘すぎない感」を演出してます。

【追記】こちらのGizmoは、パフスリーブオックスフォードシャツを作りました。

<Bitter Sweet>(ビタースウィート)

次にご紹介するのは、<Bitter Sweet>(ビタースウィート)のレッド系。

知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、2015年T春夏追加柄のTree Berry(イエロー系?)がとっても可愛すぎて可愛すぎて…。

今探してもどこにも売ってないので、今度Berry系のが販売されたら絶対買おう!と強い意志で買いました。

ローズヒップ、スロー、エルダーベリー、ビルベリー、ナナカマドの果実の美しくてうっとり。

秋に着れそうなシャツワンピースを仕立てたいな。

【追記】Bitter Sweetは、華やかでキュートなシャツワンピースにしました!

<Cherry Drop>(チェリードロップ)

最後にご紹介するのは、<Cherry Drop>(チェリードロップ)のイエロー系。

'60sのスカーフの縁のデザインから着想を得て出来上がったパターンだそう。(ggっても出て着ませんでした。)

イエローチェリーなので、脱少女で大人でもシックに着れそうなのが嬉しい。

カシュクールワンピースにしようと思い切って4メートル買ってしまいました。

考えたら、こんな派手な柄のカシュクールワンピース着てる人なんていないですが。

余ったら小さな巾着とか、お揃いでつくりたいなぁ。

この柄を購入した理由は、ズバリ、今シーズンで最も「売れそう」だから!

スタートダッシュを逃したら、やっぱり買えばよかったと思っても絶対買えない気がして。

フルーツ柄、特にさくらんぼ柄って絶対的に人気じゃないですか?

販売開始1週間程度でほとんど売り切れになっていました。

【追記】Cherry Dropでは、カシュクールワンピースをつくりました

余談ですが…

ところで余談ですが、ネットでリバティ取り扱ってるお店って何店舗かありますが、こっちのお店ではレッド系取り扱ってるのに、こっちのお店では取り扱ってない…とかってありますよね。

送料がもったいないのでいくつかまとめて買おう〜と思ったら、取り扱いがなくていつものお店で買えなかったり。

リバティと販売店さんでいくら以上売ったら、種類を増やせるみたいな取り決めがあるんでしょうか。

MERCIさんは、品揃えも多いけど人気の生地ってすぐ売り切れてますよね。

福岡の丸十さんは認知度があまり高くないのか、楽天市場に出店されてないからか、人気のカラーでも残ってることが多いように感じます。

みなさん、狙い目ですよ!

まとめ

ということで、リバティ2020AWシーズン柄の紹介は以上となります!

1つの生地をとってみても、テキスタイルデザイナーの方々の様々な思いや物語が込められているんだなぁと思います。

コレクションの生まれた歴史や背景を知るだけで、もっと上質なソーイングができそうですね。

最後に、今回の購入金額は…

<Gizmo>(ギズモ)×2m
<Bitter Sweet>(ビタースウィート)×3m
<Cherry Drop>(チェリードロップ)×4m

なんと、合計30,690円のお買い上げでした!

洋裁初めて2年のペーペーのくせにこんなに爆買いしてしまいました…。

完成したら、随時アップしていきますね!

Instagram & Pinterest (はじめました)

-AUTUMN, WINTER, ◆SHOP&ITEM
-,

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5