笹原のりこさん コートの本 アウター AUTUMN

上品&ベーシックなトレンチコート、作り始めました!/笹原のりこ「コートの本」より。

2021年9月15日

こんにちは、洋裁本レビューブログ・Dressmaking Daysのさいかわようこです!

もうすっかり秋めいてきたかな?と思ったら、また蒸しっと暑い日が戻ってきましたね。

さて、この洋裁本レビューブログ・ Dressmaking Days、先月8月で開設1周年を迎えました〜!!!

開設当初は、1日2〜3人の方しか見てなかった超過疎ブログでしたが(笑)。

最近は検索やインスタ経由でたくさんの方が見にきてくださって、嬉しい限りです。

多くの方に記事をみていただいて、また他の方のSNSやブログから制作のヒントをいただいて、この1年間で少しは作れるものの幅は広がったかな?と思います。

例えば…

  • 裏地付きの服(ワンピース、アウター等)が作れるようになった!
  • ウールのコートが作れるようになった!
  • 自分の体型に沿った原型を作った!
  • 原型をもとに、本の指示通りに製図できるようになった!

おお!

普段上手な方の作品ばかり見ているので、自作には全く自信がない方なんですが、書き出してみると、なかなか成長していますね。

これもひとえにいつも読んでくださっているみなさんのおかげです。

12月頭に出産を控えていて、出産後はしばらく縫い物できないと思うので、洋裁に使える期間は残り3ヶ月です。

それまではブログもなるべく休まないように更新していこうと思いますので、引き続き、Dressmaking Daysをよろしくお願いします。

残り3ヶ月の制作期間、あれもこれも作りたいものがたくさんです。

その中でも最優先しているのがこちら、『トレンチコート』です。

「Diana」という映画で見たナオミ・ワッツ演じるダイアナ妃がお忍び(?)の時にトレンチコートを着ていて。

素敵すぎる!!わたしもぜひ作って着てみたい!!

ということで、使用するのは、もちろん笹原のりこさんの「コートの本」より「I. トレンチコート」のパターンです。

袖は、ラグランスリーブで、台襟と肩章のついた、しっかりクラシカルなタイプです。

ガンフラップもストームシールドも、作るの初めてなので、緊張しつつもとっても楽しみ。

チンフラップのパターンはついていなかったので、夫のコートを作ったときに使用した「パタンナー金子俊雄の本格メンズ服」についていたパターンを使用しました。

全てパターンは、すでに仕上がっているんですが、パーツが多くてなかなか時間がかかりました。

それが終わって、今は材料を準備するご褒美タイムです♪

コロナ禍&妊婦ということで、日暮里に気軽にお出かけできないので、実は今回、生地から服資材までぜ〜〜んぶ、オンラインショップで購入しました。

ピン付きベルトバックルとか希望の色が売ってるとこって、通販だとなかなかないですよね。

生地も今回は、撥水加工+花粉ガードのついた結構いいものをお取り寄せしました。

詳しい購入先は、今後1つの記事としてまとめたいと思いますので、お楽しみに。


フランス人のオーナーが経営されているパティスリーにて、ひ〜〜っさしぶりにお茶をしました。

ガレットの上のショコラソースに入った、ジャリジャリとしたブラウンシュガーがとても美味。

カフェインは一切控えているんですが、この日だけは冷たくて甘いカフェラテをゴクゴク飲んじゃった。

ぶくぶく太らないように、毎日ウォーキングがんばります( '•Ꙫ• ' ).ブヒ。

それにしても息子のポーズ、あざとすぎないかい?笑

映える食べ物と一緒に写真を撮ってもらえることがわかってるみたいですw

そんな息子もつい先日、5歳になりました。

ブログともどもよろしくお願いします!

では、本日の記事は以上となります。

みなさんの参考になれば幸いです!

さいかわようこ
本記事に出てきた洋裁本や資材はこちらからチェックできます!




Instagram & Pinterest (はじめました)

-笹原のりこさん, コートの本, アウター, AUTUMN
-

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5