濱田明日香さん 甘い服 ブラウス AUTUMN

濱田明日香さん『 甘い服』より「パフスリーブオックスフォードシャツ」【作りました】

2020年8月21日

濱田明日香さん『 甘い服』より「パフスリーブオックスフォードシャツ」を作りました。

パンツにもスカートにも似合う、パフスリーブのシルエットが絶妙なオックスフォードシャツが完成しましたので、製作レビューしていきます。


使用した型紙は、濱田明日香さん『 甘い服』より「パフスリーブオックスフォードシャツ」

濱田明日香さん『 甘い服』より「パフスリーブオックスフォードシャツ」のパターンを使用しました。

インスタグラムで発売当初話題になった『甘い服』。

マニッシュなスタイルにギャザーやフリル、リボンなど女子の大好きな要素を取り入れるテクニックが満載。

私にとっては、発売当初、「ネグリジェドレス」に挑戦したものの、超絶ビギナーすぎて思った通りのものが作れず、その後は1年以上手付かずになってしまっていた一冊でした。

久々に手にとってみて、これ今なら作れそうじゃない?

と思って挑戦したのがこちら、「パフスリーブオックスフォードシャツ」。

お袖のふんわりパフスリーブは、9本ものタックで寄せていますし、上襟もカフスもちょっと大変そう。

ボタンホールもあけないといけないし…きれいに作れるかな。

と思いましたが、こちらのお本、よく読むと本当に丁寧に作り方が載っています。

難しかったところは、感想の部分で触れますね。

ちなみに、こちらの本では、サイズは1(S〜M)もしくは、2(M〜L)のみの展開です。

使用した生地は、リバティ2020AWシーズン柄の<Gizmo>(ギズモ)

使用した生地は、購入品紹介記事でもご紹介したGizmo。

<爬虫類の皮>×<花の草原>からインスパイアされた柄だそう。


夫シャツになる予定でしたが、可愛すぎるので勝手に使わせてもらいました。笑

着画・感想はこちら!

パフスリーブオックスフォードシャツが完成しました〜!

製作途中、お袖がポワンって広がりすぎてる気がして、作り進めるたびに不安になっていましたが、着てみるとそうでもなくて、ほっとしました。

カチッとしたオックスフォードシャツ。

マニッシュなのに、パフスリーブがあるから、レディライクに決まります。

仕事もできて、料理も得意で、趣味も充実していて、健康にも気をつけていて、自立したアラサー、って感じ。

(※注意※ 着ている本人は違います!)

横から見ても、シルエットが美しい!

インスタグラムでもたくさんの方が絶賛されているだけありますね!

下に履いている白いフレアのギャザースカート(既製服)は、ミディ丈なので、全体のバランスを考えるとインする方が似合いそう。

中に入れると一気にお嬢感がでますね。

ジーンズも合うかな?と思って合わせてみたら…

下から撮ったからか、チョコプラの長田さんみたいに肩幅が広くないかい?笑

下が細身のズボンだと、パフの広さとズボンの細さの対比で、かなり肩幅が気になる…

長年バレーボールをしていたので、肩幅が他のひとよりかなり広めだから、さらに広く見えます。

横からだとまだマシだけどね。

オックスフォードシャツ、自分のを作るのは初めて。

パーツが組み合わさって、だんだん形になって、出来上がるのが楽しかったです。

難しかったポイントは、カーブが強い裾の三つ折り…

パフスリーブや上襟、カフスももちろん難しかったのですが、ビギナーである私にとって難しかったのが、裾の三つ折りです。

三つ折りにして、ステッチを0.4mm幅で縫うように指示があります。

三つ折りにした状態でいきなり縫い始めるのはNG。

カーブが強いので、まずは二つ折りにした状態で粗ミシンをかける。

カーブにそって粗ミシンの糸を引いて、カーブに添わせて形をアイロンで整えて、3つおりにすると綺麗に仕上がるそう。

ステッチは表からかけました。

ところどころ、三つ折りじゃないところを縫ってしまっています…

うわぁ、失敗したなぁと思いましたが、

着てみると意外と大丈夫そうですね。

テクニックが詰まった本ですが、コンシールファスナーの付け方とかも丁寧に載っているので、ビギナーさんでも挑戦しやすそうです。

濱田明日香さん『 甘い服』より「パフスリーブオックスフォードシャツ」製作レビューまとめ

濱田明日香さん『 甘い服』より「パフスリーブオックスフォードシャツ」の製作レビューでした。

タックやギャザーの女子受けテクニックがたくさん詰まった「甘い服」。

ぽわんとしたお袖のシルエットが秀逸な、お気に入りの1枚ができあがりました。

みなさんの参考になれば幸いです!


Instagram & Pinterest (はじめました)

-濱田明日香さん, 甘い服, ブラウス, AUTUMN
-,

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5