雑記 SUMMER ◆SHOP&ITEM

【生地購入記録】この夏、ワンピースにしたい罪庫たち。その①

こんにちは、洋裁本レビューブログ・Dressmaking Daysのさいかわようこです。

もう6月も下旬に差し掛かってきましたね〜。

そろそろ本格的に夏ワンピースを作っていきたいと思っています!!

夏本番はもう少し先だけど、8月中旬には秋服に取り組み始めたいので、実質夏服を作れる期間って、あと2ヶ月くらいしかないんですね。

毎年、「今年は夏はたくさんワンピースを縫おう!!」と高らかに宣言して、大量に生地を仕入れるものの、生産のスピードが追いつかず、今年も罪庫がとんでもないことになっています…。

自分でもどんな生地を何メートル購入したかどうかわからなくなってきているので、今年購入した生地を中心に、備忘録がわりにまとめてみました。

自分のためにダラダラまとめただけの文章なので、退屈だったら読み飛ばしてくださいね。

完成したら随時記事のリンクを付け足していこうと思います。

ではでは、始めま〜す。

まずは、こちらの3つ。

左側、check&stripeのドットミニヨン・スモークブルーグレーです。(4m)

透け感のある柔らかい生地にカットドビーのドット柄が可愛いです。

鮮やかな色から、シックな色までカラーバリエーションが豊富で、扱いやすいので、何色も色チ買いしたくなります。

同じブルー系だとフォゲットミーノットもあるんだけど、それよりくすみがかっていて、主張しすぎない色合いがお好きな方におすすめです。

こちらはもう形になっていて、こんな感じのビリティスそっくりのギャザーワンピースに仕立てました。

【ビリティスそっくりさん】ティアードドレスを作りました【誌上・パターン塾】

続きを見る

右側は、サマーウール(?)みたいな生地。(2m)

一昨年地元の手芸屋さんで購入した生地です。

当時知識がなさすぎて、リネンと勘違いして購入していたみたいで、リバティ並に高いな〜、なんかチクチクするな〜と思ったら、ウールだったようです。

2mしか買ってなかったので、スカートを作ろうと思っていたのかな?

生地そのものはすごくいいものだし、発色がとてもきれいなので、手放すに手放せず、罪庫となってしまっています。

こういう色合いのテーパードパンツ×くすんだベージュのトップスという組み合わせをどこかでみかけたので、今年こそ形にしたいと思います。

ただ、ウールだと裏地もつけないといけないので、これにあう色味の裏地が見つからないと今年も生地のまま夏を終えそうな予感がします。

中央は、昨年ユザワヤで購入したリネン。(1.5m)

ワンピース用ではないんだけど、ペールブルー系の色味だったので並べて撮ってみました。

長さもあまりないし、厚みもあるので、次男用のベビーパンツとかショート丈のサロペットとかにしようかな。

次は、こちらの3つ。

右側は、手芸ナカムラさんで購入した綿麻プリント生地。(4m)

コットンリネンならではの、さらっと感とガサっとしたあまい織りが特徴です。

子供とお揃いシャツにしようと思っていたのですが、到着したのはかなり柔らかくて薄手だったので、シャツは難しそう。

となるとワンピースにしようかなと思ったんですが、まだあまりいい案が思い浮かばなくて。                                                                                                                                                                                                      

柄は大きめで、ブラウンをベースに、ピンク×コバルトブルー×グリーンの組み合わせも可愛いですよね。

手芸ナカムラさん、夏にぴったりなおしゃれな綿麻や麻が他にも豊富なので、おすすめです。



中央は、check&stripeのコットンタイプライター。(3.5m)

高密度でハリのあるタイプライターということなんですが、予想していたより生地が薄手でした。

写真の色より、青みが強くて、蛍光ピンクのインクをボト〜〜っと垂らしたような強烈さがあります。

シャツワンピースにしようと思って3.5m購入したのですが、あまりにもインパクトの強いピンクで普段着るのをはばかられそう。

スカートとシャツのセットアップみたいにしたら、一枚でも両方でもTPOに合わせて着れるかな〜と思ってます。

今年は、こういう鮮やかなピンクに挑戦してみたかったので、優先順位高めに取り掛かりたいと思っています。

最後は、左側、check&stripeのコットンローンラミティエのシナモン。(4m)

ラミティエは、フランス語で「友情」という意味だそうです。

普通のローンなのに、フランス語で名前がついた途端、とてもオサレな生地に感じるので、不思議です。

表面にツヤっとした控えめな光沢感があって、コットンなのに落ち感もきれいです。

これは今仕掛かり中でして、この通り…

たくさんピンタックを施しています。

このピンタック幅は、moiponさんの本を参考にさせていただきました。

ピンタックの縫い止まりをバストラインにくるようにして、全体はAラインのシルエットになる予定です。

後ろのピンタックも残っているので、最後まで丁寧に仕上がるように頑張ろうと思います。

こんな感じで、【生地購入記録】この夏、ワンピースにしたい罪庫たち。その①でした。

その①があるということは、その②もありますので、そのうち更新したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました〜!

みなさんの参考になれば幸いです。

Instagram & Pinterest (はじめました)

-雑記, SUMMER, ◆SHOP&ITEM
-, , , ,

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5