住友亜希さん Atelier AngelicaのドレスBOOK

住友亜希さん『Atelier AngelicaのドレスBOOK』で理想のドレス作り!

2021年2月5日

住友亜希さんの新刊『Atelier AngelicaのドレスBOOK』が、2021年2月8日(月)、日本ヴォーグ社より発売となります。

ウェディングや演奏会、パーティーなど一世一代の大舞台の衣装を自分でお仕立てできたら素敵ですよね。

早速チェックしていきたいと思います!

『Atelier AngelicaのドレスBOOK』は、どんな本?

ドレススタイル系のソーイングブックは、年に1〜2冊のペースで出版されていますが、ウェディングドレスが作れる洋裁本はなかなか書店でもみかけないですよね。

遡ってみると、手作りドレスでウェディング(2007年)、ロマンティック・ドレス・スタイル 憧れをカタチにする私だけのヴィンテージ・ウエディン (タツミムック)(2011年)、カスタマイズできるウェディング&カラードレス(2017年)などが確認できました。

洋裁界全体でも出版は数年に1度のペースのようです。

ウェディングドレスって意外と流行り廃りがあるので、新刊が出版されるのはドレス系のソーイングブックを探してらっしゃる方にとっては朗報ですね!

作者は、住友亜希さんで、大阪にて洋裁教室とハンドメイドドレスのアトリエ「Atelier Angelica」を主宰されているそうです。

フリルがたっぷりなロマンティックなワンピースが可愛いです!

表紙は、気を衒わないベーシック&シンプルなAラインドレスのウェディングドレスです。

レースがあしらわれた生地が上品で、あらゆる世代にもウケが良さそうな清楚なスタイルですね。

掲載されているのはどんなドレス?

4種類のトップス(オフショルダー、ビスチェ2タイプ、パフスリーブ)と5種類のスカート(Aラインスカート、プリンセススカート、5段フリルスカート、マーメイドスカート、ミモレ丈)を組み合わせできるデザインのドレスと、さらにプリンセスドレス、エンパイアドレスを掲載。

ベールや手袋、リングピローなどの小物の作り方も紹介しています。

Amazon(https://www.amazon.co.jp/)/『Atelier AngelicaのドレスBOOK』 商品紹介ページより引用

トップスとスカートを組み合わせて、20通り+プリンセスドレスとエンパイアドレスの計22種類が選べるということでしょうか。

ウェディングドレスって、経験ある方はわかるかもしれませんが、骨格や肉付きが露わになるので、ドレスのシルエットや胸元の形が体型にあっているかどうかがとても大事ですよね。

自分に似合う上下の組み合わせで、さらに自分好みの刺繍やレースの生地を選んで作れたらと憧れちゃいます。

また、リングピローや手袋、ベールなどの小物系の作り方が付いているのは、花嫁さんにとってすごくありがたいんじゃないかな?!

リングピローなんて今考えればすっごく簡単な作りなのに1個10,000円くらいしたし、もったいなかったなぁ。

手袋は、ショートグローブ・アームカバーの作り方がついているみたいですね。

しっくりくるのがお店に置いてなくて長時間ネットで検索しまくっていたりしたのを思い出しました。笑

補正のコツや、布の種類など、ドレス作りが初めての方にもわかりやすいように解説しています。ウエディングドレス、発表会、舞台衣裳など、お気に入りの1着にチャレンジしてみてください。7~15号サイズ、実物大型紙3枚つき。

Amazon(https://www.amazon.co.jp/)/『Atelier AngelicaのドレスBOOK』 商品紹介ページより引用

独学の洋裁ビギナーとしては、「果たして体型にあったドレスが作れるのか?!」が正直な感想でしたが、『Atelier AngelicaのドレスBOOK』では補正のコツも掲載されているそうです。

また、ドレス作りが初めての方にもわかりやすいように解説してくださってるみたいです。

まだ実物を手に取って居ないので、ビギナーの私に作れるレベルかわかりませんが、機会があったらドレス作りにも挑戦してみたいなぁと思います。

私自身、未婚の妹が二人いるので、どちらかの結婚式で作れたらいいなぁ。

いきなり結婚式用のドレスを仕立てるのは荷が思いので、まずはお披露目パーティーや二次会用のドレスで作ってみたいです。

日本ヴォーグ社のインスタグラムでも住友亜希さん『Atelier AngelicaのドレスBOOK』の詳細が見れますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

2021年2月8日に発売の、住友亜希さん『Atelier AngelicaのドレスBOOK』のご紹介でした。

シンプルでベーシックながらも、凛とした品のあるドレスが作れそうな本だなぁと思いました!

トップスとスカートの組み合わせで自分の好きなタイプのドレスが作れるし、小物系も充実しているようなので期待できそうです。

身近な人のお祝いなどで、作る機会があればぜひ挑戦してみたいと思いました!

もっと中身が気になる!という方はこちらからチェックしてみてくださいね!


さいかわようこ
最後まで読んでいただきありがとうございました!その他のドレスの洋裁本はこちらをご覧くださいね!




Instagram & Pinterest (はじめました)

-住友亜希さん, Atelier AngelicaのドレスBOOK
-

© 2022 Dressmaking Days Powered by AFFINGER5